毎日何気なくしているクレンジング。
メイクをした日は必ずクレンジングをしますよね。
毎日、メイクをする方は毎日クレンジングをします。

さらに、その後に洗顔フォームなどで洗顔をします。
このW洗顔と言われる行為をしてきましたが、これって肌にどれくらいの負担がかかっているのでしょうか。

クレンジングが肌に与える影響はこんなにもあった!!


 
クレンジングが肌に負担をかけることを知っている方が多いと思いますが、
クレンジングが肌に影響を与える原因は、摩擦と洗浄成分によるものだと言われています。

クレンジングをする際、メイクをしっかり落としたいからといってゴシゴシ擦ったり、クレンジングの量が少ないと肌に摩擦をあたえて水分をキープする働きがある角質層を傷つけてしまいます。

クレンジングのほとんどは、油分を水分に溶かすための界面活性剤が多く使われています。界面活性剤は濃いアイメイクや、リップメイク、リキッドファンデーションなどの厚塗りベースメイクをしっかり落としてくれる役目がありますが、肌の保湿をしてくれる角質層にあるセラミドなども洗い流してしまうとも言われています。

乾燥すると肌がシワぽくなってしまい、毛穴も開きがちになります。

メイクをした日はクレンジングが必要不可欠ですが、週に1〜2回ほどはメイクをお休みする日を設けると肌が休むことができます。
最近人気の石鹸で落とせるミネラルコスメは、クレンジングでメイクを落とさずに済むので肌に負担がかからなくておすすめです。乾燥が気になる時や肌の調子がなんだか悪いと感じた時に試してみてくださいね。

W洗顔はやっちゃだめなの?!今まで毎日してきちゃったけどどうしよ


 
肌が乾燥している人は化粧水で保水をしてクリームで蓋をしていますね。
しっかりスキンケアをしてもなかなか肌の乾燥が治らない場合は、クレンジングを見直すといいかもしれません。

W洗顔も乾燥肌になる原因の1つになっています。

W洗顔とは、クレンジングでのメイク落としの後に洗顔フォームなどで洗顔することです。

つまり「顔を2回洗う」ことになるんです。

これを聞いただけでも肌への摩擦が気になりますよね。

クレンジングは、油性の力でメイクを落としていくのでこすりすぎると肌のバリア機能を低下させてしまったり、必要な皮脂も落としてしまう可能性があります。。

その結果、乾燥肌を進行させてしまうことに・・・

乾燥するとシワやシミの原因になってしまうので乾燥肌のまま放っておいてはいけません。
どんどん老化が進むのでどこかでストップさせないといけません。

よかれと思っていた洗顔やクレンジングが返って肌状態を悪くしていたなんて信じたくありませんよね。

そんなW洗顔をしないで良くなるためにはどうしたらいいのでしょうか。

答えはこちら。

 「メイク落としと洗顔が1度にできるアイテム」 を使えばいいんじゃないのということに気づきます。

つまりW洗顔不要のアイテムを選べばいいんです。

当サイトで紹介している5つのクレンジングはどれもW洗顔が不要です。
 

 

洗いすぎは肌の乾燥や過剰な皮脂分泌の原因となるため、毛穴汚れの予防・解消につながりません。

W洗顔不要の毛穴クレンジングには、毛穴汚れを吸着させる成分や保湿成分、清浄作用を持つ成分が豊富に含まれているので、汚れをきれいに落としながらも肌の潤いを維持することができます。

実際に、W洗顔とW洗顔不要のクレンジングを使用した際に、W洗顔不要のクレンジングのほうがW洗顔に比べて水分の蒸発量が約1/5に抑えられていることを証明したという実例もあるんです。

特に、皮脂量の少ない乾燥肌や敏感肌の方は、できればW洗顔を避けたほうがいいでしょう。

W洗顔不要のクレンジングで、肌の乾燥を防ぎながら毛穴レスを目指しましょうね。